コンピューター1ページ:百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

コンピューター:サブページ

カテゴリー

コンピューター登録サイト一覧

 このページは、百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のコンピューターカテゴリ(1)ページです。コンピューター(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはコンピューター:2ページで表示しています。
この続きはコンピューター:2ページで表示しています。

 日本でもアメリカに続いて、上記に掲げた形態の完成品が販売されるようになった。初期の製品のいくつかは、マイコンと称されるかパソコンと称されるか曖昧であり、まず1978年(昭和53年)に発売されたベーシックマスターMB-6880が現在のパソコンとされる形状およびシステム構成をとる姿で発売された。よく1979年(昭和54年)のPC-8001(PC-8000シリーズ)が日本初のパソコンとされるが、実際は後でメーカー側の呼称により定義されたもので、(詳細は8ビットパソコン、パソコン御三家、ホビーパソコン等を参照)それより以前に発売されたHITAC10もメーカー側より「パーソナルコンピューター」として発売されたが、実際はパーソナルコンピューター(個人用途のコンピューター)ではなく業務用コンピューターである。「パーソナルコンピュータ」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』(最終更新 2012年12月1日 (土) 07:13)

このページの先頭へ