マネー・経済1ページ:百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

マネー・経済:サブページ

カテゴリー

マネー・経済登録サイト一覧

 このページは、百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のマネー・経済カテゴリ(1)ページです。マネー・経済(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、百戦錬磨|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはマネー・経済:2ページで表示しています。
この続きはマネー・経済:2ページで表示しています。

 日本語である経済という語は、はじめpoliticaleconomyの訳語として導入された。この訳語の作者は福澤諭吉であり、世の中を治め、人民を救うことを意味する経世済民(若しくは経国済民)を略した和製漢語といわれる。訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。元の語である英語の"economy"は古典ギリシャ語のοικονομッα(家政術)に由来する。οικοツは家を意味し、νομοツは法や慣習を意味する。従って、economyの本来の意味は家庭のやりくりにおける財の扱い方であるが、近代になってこれを国家統治の単位にまで拡張し、以前の意味と区別して政治経済学politicaleconomyという名称が登場する(この名称は後にA.マーシャルによってeconomicsと改められた。)。「経済」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』(2012年8月15日 (水) 20:26 )

このページの先頭へ